早わかりモリタグループ

モリタグループとは

モリタグループは、1907年(明治40年)に、社名の由来となる創業者・森田正作が創業。日本で初めてガソリンエンジン付消防ポンプを完成させて以来、110年以上にわたり、消防車のトップメーカーとして、日本の消防技術発展の歴史とともに歩んでまいりました。
今では、消防・防災事業だけでなく、自然環境を生活汚染から守る環境保全車両やリサイクルプラントなどの分野にも事業を展開しています。

コーポレートスローガン

人と地球のいのちを守る

火災や災害から生命・財産を守り、産業・生活汚染から自然環境を守り続けていく企業でありたい。そういった想いが、このスローガンに込められています。

企業理念

当社は、心を込めたモノづくりと、絶えざる技術革新によって「安全で住みよい豊かな社会」に貢献し、真摯な企業活動を通じて社会との調和を図ります

「安心」のための「安全」を創る。それが私たちの使命。
私たちの基本は、この企業理念にあります。

売上高

855億円

※2018年3月31日現在

グループ会社数

24

※2018年3月31日現在

連結従業員数

1,799

※2018年3月31日現在

ダイバーシティに関する取り組み

新技術の確立には、多様な価値観や発想が必要です。
モリタグループでは、社員の能力を最大限発揮させ、成果につなげるための経営戦略としてダイバーシティマネジメントに取り組んでまいります。

Diversity & Inclusion

創業から
110年を超える歴史

私たちは、1907年の創業以来、綿々と受け継がれてきた「一人でも多くのいのちを救いたい」という思いとモノづくり精神のもと、消防の未来技術に挑んでまいりました。世界中の人々、そしてかけがえのない地球の自然を守る企業であり続けたいという願い、すなわち「人と地球のいのちを守る」という大きな夢へと向かって、モリタグループの挑戦は続いていきます。

4つの事業分野

全ての人が安心して暮らせる
安全な社会と環境づくりを目指して。

モリタグループは、「消防車輌」「防災」「産業機械」「環境車輌」の4つの事業を展開。災害から人々の生命・財産を守り、かけがえのない地球を守るための様々な製品を提供しています。

※2018年3月31日現在

消防車輌事業

ポンプ車、はしご車、コンビナート向けの消防車など、多種多様な消防車の開発・製造・販売の他、消防車のオーバーホール、アフターサービスなどを行っています。

Miracle CAFS Car

オーバーホール

主要会社

防災事業

最も身近な防災用品である消火器や、グループホームや病院・診療所などで導入が進められている消火設備など、防災関連製品を開発・製造・販売しています。

アルミ製蓄圧式粉末ABC消火器
アルテシモ

パッケージ型自動消火設備I型
スプリネックス

主要会社

産業機械事業

金属スクラップ処理を行う各種大型環境機械や廃棄物の減容・選別などリサイクルの円滑化・効率化を推進する機器の開発・製造・販売・メンテナンスを行っています。

高機能ギロチンプレス

シュレッダプラント

主要会社

環境車輌事業

衛生車(バキュームカー)、塵芥車(ゴミ収集車)など環境保全に不可欠な清掃、廃棄物の収集運搬・処理に関する車両の開発・製造・販売を行っています。

エコパネル式バキュームカー
「EP-2」

プレス式電動塵芥収集車
「イー・セブン」

主要会社

モリタグループの強み

各事業で高いマーケットシェアを獲得

各事業において、高いマーケットシェアを誇る製品を生み出しています。

高い技術力と開発力

多様化する災害、変化する社会・環境に対応する製品を生み出してきた高い技術・開発力。
「どのような製品を造るべきか」ではなく、「どのようなイノベーションが社会に貢献できるのか」を考え、最先端の技術の研究・開発を行っています。

卓越したデザイン力で
国内外のデザイン賞を多数受賞

私たちがもっとも大切にしてきた「技術革新」。その一つの要素に「デザイン」があります。消防車、消火器、塵芥車など、国内外の権威あるデザイン賞を受賞した製品の数々。その一部をご紹介します。

小型オフロード消防車 Red Ladybug

小型オフロード消防車 Red Ladybug

災害時における消防隊にとっての"道"は、その道の向こうに救助を求めている人、すなわち、自分たちを待っている人達がいる大事な移動場所です。各地で頻発する突発災害で壊れた道を切り開き、一刻でも早く災害現場に到着して、一人でも多くの命を助けたい一心からオフロード消防車の開発に着手しました。

プレス式塵芥収集車(プレスマスター)PA7型

プレス式塵芥収集車(プレスマスター)PA7型

ゴミ収集の効率化と負担軽減、安全性の改善を目指したプレス式塵芥収集車。現場での課題をクリアする実用性・安全性を追求した結果、このフォルムデザインに辿り着きました。

近未来型消防車のミニチュアモデル Habot-mini

近未来型消防車のミニチュアモデル Habot-mini

水を使わず空気を吸って消火する消防車「MiracleN7」のアドバンスモデル。AI技術を想定したロボット型消防車をデザインしました。

林野火災用消防車 Wildfire Truck

林野火災用消防車 Wildfire Truck

世界中で多発する林野火災に対応すべく、あらゆる火災情報が集まる「陸部隊の情報基地」をコンセプトに、近未来型消防車をデザインしました。

生産・開発拠点

国内外で「心を込めたモノづくり」を行っています。

海外展開

世界各国に輸出

アジア諸国を中心に、はしご車、ポンプ車等の消防車、塵芥収集車などの環境保全車両を輸出。世界水準の技術は、国境を越えて、世界の安心・安全に貢献しています。

中国向けはしご車

モンゴル向けポンプ車、
はしご車

モルディブ向けポンプ車、
はしご車

消防車輌事業のグローバル化を加速

2016年、屈折はしご付消防車の世界トップブランドとして、欧州を中心にアジア、北米、アフリカなど世界100か国以上で販売ネットワークを構築しているフィンランドのBronto Skylift社をグループに迎えいれました。お互いの技術を活かした製品開発を行っています。

フィンランド タンペレ市の本社

112mの高さを誇る屈折はしご付消防車

モリタ・Bronto Skylift共同開発のMVF21

海外の展示会にも積極的に出展

5年に1度、ドイツで開催される世界最大級の防災展「INTERSCHUTZ (インターシュッツ)」に2010年、2015年と連続出展。中国で2年に1度開催されるCHINA FIREにも、56m級はしご車等を展示するなど、モリタの技術・開発力を海外でもアピールしています。

INTERSCHUTZ 2010

INTERSCHUTZ 2015

CHINA FIRE 2017

社会環境活動

環境への取り組み

回収消火器のリサイクルシステム
(エコサイクル)

「人と地球のいのちを守る」というスローガンを掲げているモリタグループにとって、回収消火器のリサイクルは解決しなければならない課題でした。これまで廃棄物として捨てられていた回収消火薬剤から肥料原料を生み出す新たな技術の開発に成功したことを契機に、私たちは不要消火器の回収・リサイクルを通じた再資源化に取り組んでいます。

地域社会とのコミュニケーション

安全で住みよい豊かな社会づくりのため、モリタグループを育ててくれた社会と環境に感謝の気持ちを伝えることを目的とした支援活動などに取り組んでいます。

一般財団法人大阪科学技術センター活動支援

一般財団法人大阪科学技術センター活動支援

大阪科学技術センター様主催の出前科学教室の取り組みに賛同し、2007年から協賛活動を行っています。

ボランティア活動の様子

地域清掃ボランティア活動

モリタグループの生産拠点である工場周辺の清掃活動を通じて、地域との絆づくりを行っています。

寄付

日本赤十字社

日本赤十字社 災害救護支援

日本赤十字社様の災害救護活動に対し、消火器の売上金の一部を支援金として寄付する活動に取り組んでいます。

スポーツ支援

兵庫ブルーサンダーズ支援

兵庫ブルーサンダーズ支援

生産拠点の一つ・兵庫県三田市の地域とのコミュニケーション活性化のため、野球チーム「兵庫ブルーサンダーズ」への支援も行っています。

コンテスト開催

未来の消防車アイデアコンテスト

未来の消防車アイデアコンテスト

お子様の豊かな想像力を育むことを目的とし、全国の小学生を対象にアイデア豊富な「未来の消防車」を描いていただくコンテストを開催しています。

「火の用心川柳」コンテスト

「火の用心川柳」コンテスト

一年間で最も火災が増加する冬、防災意識向上に寄与すべく、「火の用心」をテーマとした川柳を応募いただくコンテストを開催しています。

早わかりモリタグループ

ページの先頭に戻る