モリタのコンセプトカー特集。林野火災用消防車 コンセプトカー 2011年度 IDEA賞「金賞」を受賞!!

「林野火災用消防車 コンセプトカー」2011年度 米国 IDEA賞 “金賞”を受賞!!

「林野火災用消防車 コンセプトカー」が、米国で最も権威のあるデザイン賞「2011年度 IDEA賞(International Design Excellence Awards)のCommercial And Industrial Products 部門」において、最高賞の“金賞”を受賞しました。
「徹底的な市場調査をもとに、使う人のための機能面を重視し、さらに車自身も見て楽しめる、革新的且つ大胆で、洗練されたパワーを表現しているデザイン」と高く評価されました。

IDEA賞は国際的に権威のある米国のデザイン賞です

IDEA は、Industrial Designers Society of America が主催する米国で最も権威のある賞の一つであり、世界的に著名なプロダクトデザイン賞です。
家電・家庭用品・乗り物・スポーツ用品・家具・医療機器など多様な産業を対象とし、デザインの価値を一般やビジネス界に伝えることを目的としています。
【公式サイトの掲載ページ】
http://www.idsa.org/content/panel/wildfire-truck-concept

2011年度 独国 レッドドット・デザイン賞 “ベスト・オブ・ザ・ベスト”を受賞!!

「林野火災用消防車 コンセプトカー」が、世界的に権威のあるドイツのデザイン賞「レッドドット・デザイン賞 デザイン・コンセプト」の「Mobility部門」において、最高賞の“ベスト・オブ・ザ・ベスト”を受賞しました。
今回受賞した「林野火災用消防車 コンセプトカー」は、世界で多発する大規模な林野火災の諸課題を解決することを目的に、モリタグループの技術・開発およびデザインチームが総力を結集して開発した、未来型車両です。
気象や生態林の状況により延焼方向などが刻々と変化するなかで、現地の情報発信基地となるべく、情報通信機能を充実させた他、悪路走行や走行放水も可能としました。
また、消火装置は、林野火災では水源の確保が困難となることも勘案し、当社が開発した少量の水で優れた消火能力を発揮するCAFS(Compressed Air Foam System:圧縮空気泡消火装置)を搭載しています。

2011年度 独国 レッドドット・デザイン賞 “ベスト・オブ・ザ・ベスト”を受賞!!

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定を行っている世界的に著名なデザイン賞で、iF賞デザイン賞(ドイツ)、IDEA賞(アメリカ)とともに、世界三大デザイン賞のひとつとされています。本賞は、デザインの革新性、審美性、機能性、人間工学、実現可能性など、7つの基準から審査され、優秀な作品にはベスト・オブ・ザ・ベストの称号が付与されます。
【公式サイトの掲載ページ】
http://red-dot.sg/concept/porfolio/o_e/MB/B003.htm

------------------------------

苦境を乗り越える強さを追い求めたコンセプトカー。

近年、世界各地で深刻な被害が報告されている大規模林野火災。
今回ご紹介するコンセプトカーは、ヘリコプターや消防本部とリンクできるデータ通信機能、少量の水でも消火能力のあるCAFS装置、LED照明装置など、インフラ設備の整っていない林野火災に必要な機能をコンパクトに凝縮している消防車です。

  • ヘリコプターからみた林野火災
    ▲ヘリコプターからみた林野火災
  • 衛星画像で見る林野火災
    ▲衛星画像で見る林野火災

林野火災用消防車 コンセプトカー Wildfire Truck

林野火災用消防車 コンセプトカー Wildfire Truck
■車両寸法:全長約7.2m 全高約3.6m 全幅約2.5m
■車両総重量・約11.500kg(乗員4名)

PAGE TOP

厳しい難局でこそ発揮する頼もしい戦士の力。林野火災用消防車 コンセプトカーの、最新鋭の装備をご紹介!

オペレーションデッキ

オペレーションデッキ

運転席後部に設けたオペレーションデッキ。消防本部やヘリコプターなどと情報を送受信することが可能で、天候や風向きなどにより延焼方向が変わりやすい林野火災の情報をチェックできます。

運転席後部に設けたオペレーションデッキ

  • ▲オペレーションデッキで、林野火災の情報
    ▲オペレーションデッキで、
    林野火災の情報 をチェック!
  • ▲林野火災の情報(熱画像)
    ▲林野火災の情報(熱画像)
  • ▲地理情報システム
    ▲地理情報システム
  • ▲風向風速計
    ▲風向風速計

ポンプ操作モニタ

ポンプ操作モニタ

CAFS(Compressed Air Foam System)装置の作動状況をモニタできます。揚水準備のチェックをはじめ、エンジンを最適な回転速度に制御、ワンタッチ操作で揚水の自動化を実現します。

  • ワンタッチ操作で、揚水を自動化
    ▲ワンタッチ操作で、揚水を自動化
  • ワンタッチ操作で、揚水を自動化
PAGE TOP

放水銃

放射銃

水源の確保が難しいと考えられる林野火災の環境に合わせ、少量の水でも高い消火能力のノズルを搭載し、走行放射が可能です。これ1本で水とCAFS両方に対応し、流量と放射パターンの設定が可能です。

  • 走行放射!
    ▲走行放射!
  • 流量と放射パターンの設定が可能
    ▲流量と放射パターンの設定が可能

ガルウィングドアおよび

ガルウィングドアおよび

車両の側面には、大きな駐車スペースがとれない場所でも、ドアの開閉が容易なガルウィングドアを採用。

車両の周りで作業する人にとってもハッチが邪魔になるということはありません。また、側面のドア内部には、電動油圧式昇降棚を備え、資機材を取り出しやすい位置まで降ろすことが可能です。

  • 側面にガルウィングドアを採用
    ▲側面にガルウィングドアを採用
  • 資機材を取り出しやすい!
    ▲資機材を取り出しやすい!
PAGE TOP

資機材を取り出しやすい!

資機材を取り出しやすい!

車両後部の電動油圧式ハッチを開けると、使いやすさに配慮して設計されたCAFSユニットと操作パネルが現れます。
最大泡吐出量:3600L/min
混合比率:0.1%~1.0%
気水比: 1:5~1:20

  • CAFSユニットと操作パネル
    ▲CAFSユニットと操作パネル
  • CAFSユニットと操作パネル

LED照明

LED照明

側面左右のガルウィングドアにLED照明を設置。ドアが開いたときに車両側面の作業場を照らす役割を果たします。

  • 作業場をあかるく照らします
    ▲作業場をあかるく照らします
  • 作業場をあかるく照らします

昇降式LED照明塔

昇降式LED照明塔

夜間の作業現場を広範囲で照らすLED照明塔です。夜間に照明が無い林野部において、火災現場を照らして作業者の活動をサポートします。上部にカメラ搭載。

  • 昇降が可能
    ▲昇降が可能
  • カメラが搭載されています
    ▲カメラが搭載されています
PAGE TOP

コンセプトカーへの思い

コンセプトカーへの思い

【ご注意】本消防車はコンセプトモデルとして開発されたものであり、販売はしておりません。