HOME社会環境活動回収消火器のリサイクルシステム(エコサイクル)

社会環境活動 回収消火器のリサイクルシステム(エコサイクル)

不要消火器の広域認定制度がスタート

エコサイクル モリタグループは不要消火器を回収・リサイクルして再資源化に取り組んでいます。

広域認定制度について

廃棄物処理法は平成15年の法改正により創設。平成15年12月1日に施行されました。
それまでの廃棄物処理法では、廃棄物の収集、運搬及びリサイクルに地方公共団体毎の許可が必要でした。そのためリサイクルが進まないケースがありました。
「広域認定制度」により地方公共団体の枠を超えたリサイクルが可能になりました。平成17年9月8日に「広域認定制度」の一般廃棄物の対象品目に廃消火器が加わりました。

不要消火器を広域的に回収・リサイクルして再資源化に取組むモリタグループです。

(図解) サークル・モリタ・エコ 循環 モリタ1号のページへジャンプします 古い消火器の回収費用の一部を「エコウータン」募金へ

ページのトップへ戻る

消火器の回収に関するお問合せはこちら

モリタ宮田工業株式会社 お客様相談室
TEL 0467-85-1210
受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00(土・日・祝祭日は休み)